バナー

人間ドックのメリット・デメリットとは?

人間ドックを受けることのメリットはどんなものでしょうか?まず一番にあげられるのが、病気の自覚症状がなくても早期発見ができることです。
いまは癌も早期発見であれば、入院・手術することなく、通院治療で治せる時代です。

そのためにはできるだけ早い段階で、病気のもとを見つけることが大事です。



しかも、もし人間ドックで病気が発見されなくても、一年に一度自分の健康状態を把握できますし、具体的な検査数値を見ることで、その後の健康管理のための参考になります。

たとえば、コレステロール値が年々少しずつあがっていっている場合などは、普段の食生活を見直したり、日常的に体を動かす習慣をつけたり、これ以上数値が悪くならないように対策を講じることができるからです。

人間ドッグとASTについて知りたい方のお手伝いをします。

では、デメリットとはなんでしょうか?それは高額な検査費用です。

人間ドックは健康保険の適用外のため、全額自己負担になります。
日帰りの人間ドックでも4万円台~、宿泊が含まれるものであれば6万円台~と、毎年定期的に受けていくと考えると、かなりの出費になります。
ただ、会社員であれば職場が加入している健康保険組合から補助金が支給され、半額程度の自己負担で済んだり、国民健康保険であっても、自治体によっては補助を出しているところもあります。



そのため、こうした補助をうまく利用しながら、自分の健康管理のために、定期的に人間ドックを受けていくことが将来の大きな病気を未然に防ぎ、将来の医療費を減らすことにもつながるのです。