ウォーターサーバーには進化の歴史があります

バナー

ウォーターサーバーには進化の歴史があります

家庭にも広く普及しているウォーターサーバーは、オフィス向けの仕様をそのまま持ち込んだことで最初の頃はトラブルが多発していました。

家庭向けに改良する工夫が施されるようになったことで、より安全に美味しい水を利用出来るように進化を続けているわけです。しかし、今でも旧式のウォーターサーバーを販売している業者もいるので、契約前にはよく確認しておくと良いでしょう。



オフィスで利用する際には、ボトル1本が空になるまでの期間は数日ですから、水を使用した時にガロンボトル内に空気が還流しても雑菌が入り込む心配が少なかったわけです。


熱水機能が追加されて、家庭向けに導入すると還流する空気に含まれる雑菌による水の劣化が問題となり、エアフィルターが内蔵されるようになりました。水が空気に触れることでそもそも酸化が始まるわけですから、リターナブルボトルよりも空気が全く入らないワンウェイボトルの方が安全性が高いことが分かり、安全性を求める利用者によりウォーターサーバーはワンウェイボトルへの乗り換えが進んだわけです。

家庭で利用する際には、天然水とRO水を交互に利用したいというニーズや、12リットルボトルが重いと感じる人の要望を受けて更に改良されました。



8リットルタイプのウォーターパックも用意されるようになり、ウォーターパックセット位置がウォーターサーバーの上から下に位置変更がされたモデルも登場したわけです。
RO水のみ利用する家庭に向けては、水道管直結タイプも登場しており、旧式のウォーターサーバーからの乗り換えが進んでいます。



Copyright (C) 2017 ウォーターサーバーには進化の歴史があります All Rights Reserved.